あさい眼科 ブログ

Contents

[目の病気Q&A(あさい眼科)]

[ドライアイ]

ドライアイってどんな病気?

ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行きわたらなくなり、目の表面に傷が生じる病気です。いわばドライアイは涙の病気といえます。高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、ドライアイ患者さんも増えており、その数は2,200万人ともいわれています。

ドライアイでつらい目の症状は?

ドライアイ患者さんは、目が乾くなど典型的なドライアイ症状だけでなく、様々な症状に悩まされています。目が何となく疲れやすい、ゴロゴロして不快感がある、目がかすんで何となく見にくくなったなど、症状は様々です。

ドライアイの治療は?

ドライアイには、専門的な治療が効果的です。 おもな治療には点眼液によるものと涙点閉鎖による治療があります。ドライアイの治療に使われる主な点眼液は、涙に近い成分をもつ人工涙液とヒアルロン酸ナトリウムを含む角結膜上皮障害治療薬があります。それに加えて最近では、ムチンや水分の分泌を促すジクアホソルナトリウムなどが発売されて、ドライアイ治療に使われています。 いずれの点眼液も、医師又は薬剤師の指示どおりに使用しましょう。