あさい眼科 ブログ

Contents

[目の病気Q&A(あさい眼科)]

[白内障]

白内障ってどんな病気?

白内障とは、ひとみ(瞳孔)のうしろにある水晶体(カメラのレンズに相当するもの)が白く濁ってくる病気です。濁りが増すにつれて視力は少しずつ弱くなっていきます。主に視界がかすんだり、光のまぶしさが増すなどの症状が出てきます。原因としては加齢が最も多く、早い人では 40歳位から発症することもあります。水晶体の濁りは少しずつゆっくり進んでいくことが多いですが、急に進行することがあります。充血したり、痛んだりすることはありません。また、伝染性もありませんから、ご家族の方に感染する心配もありません。

どんな症状が出たら診察を受けるべき?

視界がかすんで視力低下を自覚したり、光がいつも以上に眩しく感じたら診察の合図と思われます。すぐに眼科専門医の診察を受けるようにしましょう。また、上記のような症状がなくても40歳を超えたら検診を受けるようにしましょう。早めの診察で合併症などの多くのリスクを回避することができます。

どんな治療をするの?

白内障が進行し、視力の低下が著しい場合は手術が必要になることがあります。今おこなわれている最も一般的な手術の方法は、水晶体超音波乳化吸引術および眼内レンズ挿入術といい、特殊な超音波の器械で濁った水晶体を細かく砕きながら吸い出したあと、アクリル樹脂製の眼内レンズを埋め込みます。症状にもよりますが手術に要する時間はおおよそ10~15分程度となっています。