あさい眼科 ブログ

Contents

[院長のブログ]

緑内障ってどんな病気?
2015/09/17(THU) 08:54
今日は緑内障について話してみたいと思います。
白内障と緑内障は漢字一字のみ違うだけですが全く異なる病気です。
しかし緑内障の推計罹患率ってご存知でしょうか?
実は5.6%もあるのです。
この数字は中高年の20人に1人が緑内障をもっていることが予測されるということです。
緑内障って実は非常に身近な眼疾患と言えます。
緑内障は簡単に言うと、目の硬さが上昇し(眼圧が上がり)、視神経が損傷し、視野が欠けてしまう病気です。
しかし、眼圧が正常でも緑内障に罹患してしまう場合もあるのでやっかいな病気です。
緑内障の初期は自覚症状が殆どないため、緑内障と気付かないあいだにかなり進行していることがあります。
40歳を過ぎたら一度眼科で緑内障のおそれがないか、診察をうけることを是非おすすめします。