あさい眼科 ブログ

Contents

[院長のブログ]

白内障ってどんな病気?
2015/07/03(FRI) 14:49
白内障とは、ひとみ(瞳孔)のうしろにある水晶体(カメラのレンズに相当するもの)が白く濁ってくる病気です。濁りが増すにつれて視力は少しずつ弱くなっていきます。主に視界がかすんだり、光のまぶしさが増すなどの症状が出てきます。原因としては加齢が最も多く、早い人では 40歳位から発症することもあります。水晶体の濁りは少しずつゆっくり進んでいくことが多いですが、急に進行することがあります